宮日プレみや

宮崎日日新聞

デジタル夕刊プレみやは宮崎日日新聞の購読者を
対象にした無料の会員制ニュースサイトです。

【みやざき令和風土記】第3部「日向かう国の動乱期」③鎌倉・南北朝時代

2020年04月02日 14:07更新

1237基の石塔が並ぶ妙円寺跡石塔群。日蓮宗の隆盛が分かる貴重な史料だが、風雨にさらされ経年劣化が進む=宮崎市浮田

臨済、日蓮宗が隆盛  鎌倉から南北朝時代にかけて、荘園の爆発的広がりとともに日向国に浸透していったのが鎌倉新仏教だ。浄土宗や臨済宗、浄土真宗、曹洞(そうとう)宗、日蓮(にちれん)宗、時(じ)宗が次々と開宗した。それまで仏教は貴族など有...