宮日プレみや

宮崎日日新聞

デジタル夕刊プレみやは宮崎日日新聞の購読者を
対象にした無料の会員制ニュースサイトです。

【みやざき令和風土記】第8部 ヒントをたずねて(中)文化財への見聞広げて

2021年06月26日 12:00更新

 かい・りょうすけ 1929年、日之影町出身。高千穂農学校(現高千穂高)在学時に古代史研究家の柳宏吉氏と出会い、歴史の勉強にのめり込む。児湯教育事務所長などを経て90年、宮崎東中校長で退職。2005~14年、県文化財保護審議会会長。「宮崎の神話伝承」(鉱脈社)など著書多数。

 ―これまでの連載「みやざき令和風土記」では、宮崎文化のルーツを求め、「最初の宮崎人」が暮らし始めたと考えられる旧石器時代から現代までの歩みをたどってきた。地方史研究家である甲斐亮典さん(92)の視点を通して、ポイントを振り返りたい。 ...