宮日プレみや

宮崎日日新聞

デジタル夕刊プレみやは宮崎日日新聞の購読者を
対象にした無料の会員制ニュースサイトです。

【ドリームニュース】

福岡限定ラーメンが、東京・大阪でも!『釜だれとんこつラーメン』期間限定で提供!

2020/10/29 15:00

【ドリームニュース】https://www.dreamnews.jp/press/0000225099/

株式会社一蘭(天然とんこつラーメン専門店/創業:昭和35年/本社:福岡県福岡市博多区/代表取締役社長:吉冨 学/https://www.ichiran.com)は、福岡市内2店舗限定提供中の『釜だれとんこつラーメン』を、東京・渋谷スペイン坂店及び大阪・道頓堀店本館にて、 11月16日(月)より期間限定で提供いたします(※終了日未定)。
『釜だれとんこつラーメン』は、これまで福岡限定「キャナルシティ博多店」「天神西通り店」でのみ提供してまいりました。大変ありがたいことに地元福岡だけでなく、遠方からも「福岡に行くなら釜だれとんこつラーメン!」と、毎回足を運んでいただく方も数多くいらっしゃるプレミアムなラーメンです。「気軽に福岡に行けない」と思われる方も多い今だからこそ、少しでも福岡を身近に感じていただきたいとの想いから、特別に東京・大阪でもご提供する運びとなりました。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000225099&id=bodyimage1

■ご提供店舗
【一蘭 渋谷スペイン坂店】
・所在地 :東京都渋谷区宇田川町13-7 B1F
・営業時間:24時間(11月16日朝6時より)
・URL  :https://ichiran.com/shop/tokyo/shibuya-spain/
・※11月20日より『Go To Eat プレミアム付食事券』ご利用いただけます。

【一蘭 道頓堀店本館】
・所在地 :大阪府大阪市中央区宗右衛門町7-18 1-4F
・営業時間:11時~22時(11月16日オープン時より)
・URL  :https://ichiran.com/shop/kinki/dotonbori-main/
※11月16日より『Go To Eat プレミアム付食事券』ご利用いただけます。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000225099&id=bodyimage2

■一蘭の衛生管理
一蘭では、「元祖ソーシャルディスタンス」として話題の味集中カウンターはもちろんのこと、 徹底した衛生管理のもとお客様をお迎えしております。また、指定のガイドラインに基づいた感染症予防対策に取り組んでいる飲食店として、全店舗で感染拡大防止ステッカーを掲出しております。
安全・安心な環境で一蘭のラーメンを心ゆくまでお楽しみくださいませ。


お品書き

■釜だれとんこつラーメン(980円)
「釜煮込み焼豚」を作る際に出来た煮汁を、一蘭のたれ専属職人が長年の研究の末、「釜だれ」に仕上げました。天然とんこつスープに深いコクを与え美味しさが引き立ちます。その秘密は煮汁に溶け出した旨味成分の「相乗効果」。算数の世界では1+1=2しかありませんが、料理の世界ではイノシン酸とグルタミン酸が合わさると旨味が飛躍的に強くなり、格段に美味しくなるのです。深みのあるコクと、口いっぱいに広がる豊かな香りをどうぞお楽しみください。

■追加釜煮込み焼豚(4枚 250円)
ボリュームやジューシーさが増し、スープとよく絡みます。噛むほどに肉本来の旨味、風味を感じていただけます。一蘭のチャーシュー職人は肉のスペシャリストです。味付けや調理方法に関するこだわりはもちろん、最も美味しくお召し上がりいただくため、包丁の入れ方ひとつにもこだわっております。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000225099&id=bodyimage4

【おみやげ商品】
■一蘭ラーメン 釜だれとんこつ 一蘭特製 赤い秘伝の粉付
一蘭の中でも限られた店舗でしか味わえない「釜だれとんこつラーメン」。一蘭のこだわりが詰まった特別な一杯をぜひご賞味ください。
・5食入:2,000円
・2食入:900円

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000225099&id=bodyimage5



配信元企業:株式会社一蘭
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

「ドリームニュース」は、配信会社が発行する企業や団体からの提供情報を掲載しています。掲載されている製品、サービスの品質・内容について、宮崎日日新聞社が保証するものではありません。製品やサービスに関するお問い合わせは、各ニュース内に書かれている窓口までご連絡ください。
掲載されている文言、写真、図表などの著作権は、それぞれニュースをリリースした企業・事業者等に帰属します。