宮日プレみや

宮崎日日新聞

デジタル夕刊プレみやは宮崎日日新聞の購読者を
対象にした無料の会員制ニュースサイトです。

  • ホーム
  • ドリームニュース一覧
  • 中国NMPAの動向を分かりやすくお伝えする「中国NMPA / 新・化粧品監督管理条例」詳解」動画視聴サービスを開始します。(WWIP)

【ドリームニュース】

中国NMPAの動向を分かりやすくお伝えする「中国NMPA / 新・化粧品監督管理条例」詳解」動画視聴サービスを開始します。(WWIP)

2020/10/29 15:00

【ドリームニュース】https://www.dreamnews.jp/press/0000225119/

株式会社ワールドワイド・アイピー・コンサルティングジャパン (以下「WWIP」 : 東京都港区) は、2020年10月29日より「中国NMPA / 新・化粧品監督管理条例」詳解」動画視聴サービスを開始します。

当動画は、WWIPにて2020年7月29日にオンライン開催された「中国NMPA / 新・化粧品監督管理条例」詳解セミナーを収録したもので、この度無料にて一般公開いたします。
視聴するにはWWIP webサイトのトップページにアクセスして頂き、ページ中段の「過去のセミナー」をご覧ください。画像をクリックするとフルスクリーンでご覧頂けます。
https://wwip.co.jp/

「中国NMPA / 新・化粧品監督管理条例」詳解」動画のポイントは以下の通りです。

(1) 概要
《新・化粧品監督管理条例》は三十年来実施されてきた《化粧品衛生監督条例》を全面改訂したもので、本条例は中国の化粧品の監督管理に関して史上最も厳格な法規制となっています。2021年1月1日までの期間において、管理監督が強化された新条例に対応するために日本企業が何をすべきかを条例条文に従って詳解いたします。
また、新条例の注目ポイントである「新原料申請」について、どのような実務制度設計が行われつつあるのかを最新情報を含めてご報告いたします。

第一部:新・中国化粧品監督管理条例 解説(約60分)
1. 新・化粧品監督管理条例、設立までの経緯と背景
2. 新条例、新旧比較(第1章~第4章、6章)
3. 第5章 強化された、違法状況による罰則規定
4. 新条例の内容を先取りする最近のNMPA申請の管理強化、厳格化の実状

第二部:新原料申請について、現時点での情報と分析(約10分程度)
1. 新原料申請の実務はどのようになるのか
2. 新原料申請の対象となる原料
3. 新原料申請の当事者適格
4. 新原料申請の3年間の独占期間について

[セミナー講師]
花田 舞佳(はなだまいか)
WWIPコンサルティングジャパン執行役員
NMPA申請シニアコンサルタント

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000225119&id=bodyimage1


免責事項
セミナー内容で公開する書面の一部における和訳は、中国語を翻訳したものですので、和訳はあくまでも便宜的なものとして利用し、適宜、原文を参照していただくようお願いします。当該和訳より決定、もしくは行為を起こしたことにより、損害を蒙ったとしても、一切の責任を負いません。
株式会社ワールド・ワイド・アイピーコンサルティングジャパン
東京都港区西新橋1-17-11

<本件に関するお問い合わせ>
株式会社WWIPコンサルティングジャパン
TEL : 03-6206-1723
Email: official@wwip.co.jp

会社概要
商号  : 株式会社 ワールドワイドアイピーコンサルティングジャパン
所在地 : 〒105-0003 東京都港区西新橋1-17-11
事業内容 :
アジア全域における知的財産に関するコンサルティング業務
行政関連申請業務代行、知財保護(調査・摘発)

1) 中国NMPA申請(化粧品・医薬関連製品)、中国SAMR申請(健康食品)の行政機関に対する登録並びにコンサルティング業務。
2) アジア全域での化粧品・健康食品行政申請並びにコンサルティング業務。
3) 日本製品の模倣品を発見し、模倣品工場の調査と摘発を行います。
4) 越境ECサイトの非正規流通を著作権侵害で摘発します。
5) 商標登録の申請をアジア全域で迅速に実施します。
6) 常時監視体制により効果的な冒認商標対策を実施します。

URL  : http://www.wwip.co.jp/



配信元企業:株式会社ワールドワイド・アイピー・コンサルティングジャパン
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

「ドリームニュース」は、配信会社が発行する企業や団体からの提供情報を掲載しています。掲載されている製品、サービスの品質・内容について、宮崎日日新聞社が保証するものではありません。製品やサービスに関するお問い合わせは、各ニュース内に書かれている窓口までご連絡ください。
掲載されている文言、写真、図表などの著作権は、それぞれニュースをリリースした企業・事業者等に帰属します。