宮日プレみや

宮崎日日新聞

デジタル夕刊プレみやは宮崎日日新聞の購読者を
対象にした無料の会員制ニュースサイトです。

  • ホーム
  • ドリームニュース一覧
  • 頭頸部扁平上皮癌(HNSCC)治療・薬物市場―薬物クラス別、流通チャネル別[オンライン、オフライン(ドラッグストア、病院薬局・小売)]-世界的な需要分析および機会の見通し 2029年

【ドリームニュース】

頭頸部扁平上皮癌(HNSCC)治療・薬物市場―薬物クラス別、流通チャネル別[オンライン、オフライン(ドラッグストア、病院薬局・小売)]-世界的な需要分析および機会の見通し 2029年

2021/01/15 18:00

【ドリームニュース】https://www.dreamnews.jp/press/0000229625/

Research Nester Private Limitedは調査レポート「頭頸部扁平上皮癌(HNSCC)治療および薬物市場の薬物: 世界的な需要分析および機会の見通し 2029年」2021年01月 15日 に発刊しました。これは、詳細な市場の業界需要分析と市場の成長に影響を与えるさまざまな要因を提供します。レポートは、予測期間、市場価値、市場ボリューム、成長率、セグメント、市場プレーヤー、成長ドライバーを含む市場の成長を提供します。調査方法には、市場の評価と予測データの計算に基づく履歴データと現在のデータの収集が含まれます。

頭頸部扁平上皮癌(HNSCC)は、唾液腺、口、喉頭、および顔の皮膚の組織から発生する癌の一種です。世界保健機関の頭頸部腫瘍の分類(2005年)によると、従来型、疣贅性、基底細胞性、乳頭状、紡錘細胞、棘融解性、腺扁平上皮癌、腺扁平上皮癌など、さまざまな種類の扁平上皮癌(SCC)があります。これらすべてSCCは 鼻咽頭、下咽頭、喉頭、気管、鼻腔または、副鼻腔、口腔および中咽頭のいずれかで発生する可能性があります。HNSCCは、主にタバコおよびアルコールの消費で発生します。これらのタイプの癌は、早期に診断されば治癒します。HNSCC癌は、手術、化学療法、放射線療法、および標的療法の組み合わせを含めることで治療できます。

市場規模と予測
世界の頭頸部扁平上皮癌(HNSCC)治療および薬剤市場は、頭頸部癌の発生率が世界的に増加、およびそれらを治療する個人間の必要性を背景に繁栄しています。米国疾病予防管理センター(CDC)の統計によると、2017年に米国で46,157件の口腔癌と咽頭癌の新規症例が報告されました。さらに、この癌疾患による10,126人が亡くなりました。世界の頭頸部扁平上皮癌(HNSCC)治療薬市場は、(2021―2029年)の予測期間中に顕著なCAGRを記録すると予想されています。

市場は流通チャネルによってオンラインとオフラインに分割されています。オフラインセグメントはさらにドラッグストア、病院薬局、小売に分類されます。これらのセグメントの中で、病院薬局セグメントは、予測期間中に最大の市場シェアを保持すると予想されます。この増加は、治療のために病院を訪れる癌患者の数の増加に起因しており、そのため、病院の敷地内でのHNSCC薬の必要性が高まっています。一方、これらの薬のいくつかは、オンラインプラットフォームまたは小売薬局での販売が制限されています。その結果、これらの制限薬は病院の薬局でのみ販売されており、予測期間中はセグメントの成長を牽引すると予想されています。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000229625&id=bodyimage1

成長の原動力

癌治療薬の研究開発の成長
頭頸部癌は、単剤または併用療法を使用して治療されます。さまざまな種類の頭頸部癌の存在により、医療提供者は、この病気の治療に適用できる医薬品と治療法の開発にますます取り組んでいます。さまざまな種類の頭頸部癌の存在により、医療提供者は、この病気の治療に適用できる薬と治療法の開発にますます取り組んでいます。現在、頭部を治療するための癌ワクチンや抗癌剤が臨床試験の段階にあり、製薬メーカーはこの病気の適切な治療法を見つけるために研究開発に多額の費用を費やしています。食品医薬品局(FDA)は現在、頭頸部癌の治療薬をいくつか承認しています。その中には、硫酸ブレオマイシン、セツキシマブ、ドセタキセル、アービタックスなどがあります。

免疫療法の採用の拡大
免疫療法は、他の治療タイプよりも多くの利点があるため、癌患者に提供されています。癌患者の懸念の増加につれ、治療の必要性が高まっています。免疫療法は、体が本来持っている自然の防御力で癌と闘うのを助けます。このプロセスは、癌細胞の成長をさらに遅らせるか停止させ、それが広がるのを防ぎます。このような要因が、予測期間中の世界の頭頸部扁平上皮癌(HNSCC)治療薬市場の成長を牽引すると予想されています。

市場セグメンテーション
世界の頭頸部扁平上皮癌(HNSCC)治療薬市場は、 薬剤クラス別(免疫療法、化学療法、目標とする治療法)、流通経路別 (オンライン、オフライン、ドラッグストア、病院の薬局、小売店)などセグメンテーションによって分割されます。
地域分析に基づき、世界の頭頸部扁平上皮癌(HNSCC)治療薬市場は北米、欧州、アジア太平洋、中南米、中東・アフリカ地域など5つの主要地域にセグメントしています。

これらの地域の中で、北米市場は、この地域における頭頸部癌の有病率が増加により、予測期間中に最大のシェアを占めると予想されています。さらに、強力なヘルスケアネットワークの存在と、この地域での多数の主要プレーヤーの利用可能性により、頭頸部扁平上皮癌(HNSCC)治療および医薬品の市場は、北米で大幅な成長を示すと予想されます。

世界の頭頸部扁平上皮癌(HNSCC)治療薬市場は、地域別にさらに以下のように分類されています。

● 北米(米国およびカナダ)市場規模、前年比成長率および機会分析。
● ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、前年比成長率、機会分析。
● ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルク、ノルディック、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ諸国) 市場規模、前年比成長率、機会分析。
● アジア太平洋地域(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋地域)の市場規模、前年比成長率、機会分析。
● 中東・アフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東・アフリカ)市場規模、前年比成長率、機会分析。

主要企業
世界の頭頸部扁平上皮癌(HNSCC)治療薬市場における業界リーダーは、Immutep Limited(会社概要、事業戦略、主要製品、財務業績、主要業績、指標、リスク分析、最近の開発、地域のプレゼンス、SWOT分析),Fortress Biotech, Inc., Novartis AG, F. Hoffmann-La Roche Ltd, Eli Lilly and Company, Bristol-Myers Squibb Company, AstraZeneca plc, Merck Sharp & Dohme Corp. (Merck & Co., Inc.), Pfizer Inc., Boehringer Ingelheim GmbHなどです。

レポートのサンプルURL: researchnester.com/sample-request-2839

Research Nester Private Limited会社概要
Research Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。
https://www.researchnester.com/

【調査レポートの詳細内容について】
https://www.researchnester.com/reports/head-and-neck-squamous-cell-carcinoma-treatment-and-drugs-market/2839

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメール: info@researchnester.com



配信元企業:Research Nester Private Limited
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

「ドリームニュース」は、配信会社が発行する企業や団体からの提供情報を掲載しています。掲載されている製品、サービスの品質・内容について、宮崎日日新聞社が保証するものではありません。製品やサービスに関するお問い合わせは、各ニュース内に書かれている窓口までご連絡ください。
掲載されている文言、写真、図表などの著作権は、それぞれニュースをリリースした企業・事業者等に帰属します。