宮日プレみや

宮崎日日新聞

デジタル夕刊プレみやは宮崎日日新聞の購読者を
対象にした無料の会員制ニュースサイトです。

  • ホーム
  • ドリームニュース一覧
  • 防水膜市場-製品別(液体塗布膜、完全接着シート、レイドシート、その他);原材料別(改質ビチューメン、ポリ塩化ビニルなど);アプリケーション別;エンドユーザー別-世界の需要分析と機会の見通し2030年

【ドリームニュース】

防水膜市場-製品別(液体塗布膜、完全接着シート、レイドシート、その他);原材料別(改質ビチューメン、ポリ塩化ビニルなど);アプリケーション別;エンドユーザー別-世界の需要分析と機会の見通し2030年

2021/10/18 18:00

【ドリームニュース】https://www.dreamnews.jp/press/0000246143/

Research Nester Private Limitedは調査レポート「防水膜市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」2021年10月 07日 に発刊しました。これは、詳細な市場の業界需要分析と市場の成長に影響を与えるさまざまな要因を提供します。レポートは、予測期間、市場価値、市場ボリューム、成長率、セグメント、市場プレーヤー、成長ドライバーを含む市場の成長を提供します。調査方法には、市場の評価と予測データの計算に基づく履歴データと現在のデータの収集が含まれます。このレポートのデータ収集には、一次調査と二次調査の両方が含まれます。

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3392

防水膜市場は、2022-2030年の予測期間中に約9%のCAGRで成長すると推定されています。防水膜市場の成長は、インフラ建設や鉱業活動における防水膜の使用の増加に起因する可能性があります。防水膜は、水漏れや悪天候からの保護を提供するだけでなく、構造の引張強度と耐衝撃性も向上させます。排水斜面、屋根、トンネルや橋の断熱材など、さまざまな目的でこれらの膜の使用が増えることは、市場の主要な成長ドライバーとして機能すると推定されています。世界人口の増加に支えられた住宅建築の増加は、住宅のエンドユーザーの間で防水膜の需要を高めることが予測されています。

2020年には、新築住宅の建設が米国で2,000億米ドルの支出を超え、市場の成長を後押しすると予想されています。一方、インフラ開発の進展は、道路、橋梁、排水システムの建設に貢献しており、防水膜の需要を押し上げると見込まれています。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000246143&id=bodyimage1

レポートの主なハイライト

● 市場調査は、SWOT分析、バリューチェーン分析、PESTEL分析などのさまざまなツールに基づいて、市場の詳細な分析が提供されます。
● レポートでは、多くの業種の最近の傾向と動向について説明しています。
● 統計の視覚的表現として、いくつかの表、チャート、グラフが含まれています。
● レポートに記載されているビジネス戦略により、投資家や組織は情報に基づいた意思決定を行うことができます。

防水膜市場における主要企業

レポートは、市場のさまざまな主要企業の企業プロファイリングで構成されています。会社概要、会社の財務、合併、買収、最近の動向、各会社のリスク分析含まれています。防水膜市場における業界のリーダーはTremco Construction Products Group、Soprema S.A.S.、BASF SE、Sika AG、GCP Applied Technologies Inc、Holcim Ltd、MAPEI S.p.A.、Carlisle Construction Materials LLC (CCM)、Fosroc, Inc.、Johns Manvilleなどです。
防水膜市場のセグメンテーション
防水膜市場は、製品別(液体塗布膜、完全接着シート、レイドシート、その他);原材料別(改質ビチューメン、ポリ塩化ビニル、アクリル、ポリウレタンなど);アプリケーション別(屋根と壁、水管理、トンネルライナー、橋など);エンドユーザー別(住宅、産業、インフラストラクチャ、その他)などによって分割されています。市場の過去と現在の統計は、各セグメントとそのサブセグメントを分析するために使用されます。各セグメントの市場シェアと成長がさらに評価されます。

防水膜市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東・アフリカなど地域によって分割されています。

アジア太平洋地域の市場は、発展途上国での建設活動の成長と湿度の高い気象条件を背景に、予測期間中に顕著な成長を遂げると推定されています。日本、ベトナム、インド、中国、インドネシアなどの国では、モンスーンの時期に大雨が降ります。そのため、この地域の道路や建物には防水膜が必要です。さらに、これらの国々では建設活動も増加しています。インドブランドエクイティ財団(IBEF)のデータによると、インド政府は2020-21年に2,000万戸の住宅を建設し、2025年までに23の新しい国道を建設することを目指しています。これらの活動は、地域の市場成長を後押しすることが期待される防水膜の需要を増加させます。
ヨーロッパ地域の市場は、新しいトンネル、橋、水管理システムの建設を含む、この地域のインフラ開発により、予測期間中に大きな市場シェアを獲得すると推定されています。

防水膜市場は、地域に基づいてさらに区分されます。

● アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
● 北米(米国およびカナダ)
● 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
● ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
● ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-3392

Research Nester Private Limited会社概要

Research Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。
https://www.researchnester.com/

【調査レポートの日本語に詳細内容について】
https://www.researchnester.jp/reports/waterproofing-membrane-market/3392

【調査レポートの詳細内容について】
https://www.researchnester.com/reports/waterproofing-membrane-market/3392

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメール: info@researchnester.com



配信元企業:Research Nester Private Limited
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

「ドリームニュース」は、配信会社が発行する企業や団体からの提供情報を掲載しています。掲載されている製品、サービスの品質・内容について、宮崎日日新聞社が保証するものではありません。製品やサービスに関するお問い合わせは、各ニュース内に書かれている窓口までご連絡ください。
掲載されている文言、写真、図表などの著作権は、それぞれニュースをリリースした企業・事業者等に帰属します。