宮日プレみや

宮崎日日新聞

デジタル夕刊プレみやは宮崎日日新聞の購読者を
対象にした無料の会員制ニュースサイトです。

  • ホーム
  • ドリームニュース一覧
  • ロボット血管造影システム市場―技術別(X線、CT、MR血管造影システム)、アプリケーション別(冠状動脈、血管内)、適応症別、エンドユーザー別、および地域別―世界的な需要分析及び機会の見通し2031年

【ドリームニュース】

ロボット血管造影システム市場―技術別(X線、CT、MR血管造影システム)、アプリケーション別(冠状動脈、血管内)、適応症別、エンドユーザー別、および地域別―世界的な需要分析及び機会の見通し2031年

2022/08/05 18:00

【ドリームニュース】https://www.dreamnews.jp/press/0000263825/

Research Nester Private Limitedは、ロボット血管造影システム市場の予測評価を提供する調査レポートを2022年08月 05日 に発刊しました。これは、ロボット血管造影システム市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調しています。

ロボット血管造影システム市場は2022-2031年の予測期間中に世界中で6%のCAGRを登録することが予測されます。市場は2021年に適度な収入を生み出しました。市場の成長は、主に世界中で心血管疾患の発生率の上昇に対する懸念の高まりに起因する可能性があります。世界保健機関(WHO)によると、2019年に1790万人の死亡が記録されており、これは全世界で発生した死亡総数の32%に相当します。心臓病の有病率を持つ人々は、心臓専門医によって血管造影のプロセスを受けるために処方されます。これは電磁放射線診断の一種で、血管の検査に使用されます。血管が調査されており、潜在的な心臓の状態が検出されると、心臓専門医は血管形成術のプロセスに進みます。

画像誘導治療装置および医療用ロボット工学の最近の進歩により、医療サービスプロバイダーの間でロボット支援血管造影システムの需要が高まっています。これは、予測期間中に世界のロボット血管造影システム市場で活動している主要企業に莫大な収益創出の機会を生み出すことが予測されています。国際ロボット連盟(IFR)の統計によると、医療用ロボットの販売台数は、2019年の7000台から2020年には18,000台に達しました。また、統計にによると、医療用ロボットの売上高は、主にロボット手術装置の採用の急増により、2020年の専門サービスロボットの総売上高の55%を占めました。さらに、価値の面では、売上高は11%増加しており、2020年には36億米ドルに達しました。

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.com/sample-request-4163

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000263825&id=bodyimage1

レポートは、技術別(X線、CT、MR血管造影システム)、アプリケーション別(冠状動脈、血管内、神経、腫瘍血管造影)、適応症別(冠状動脈疾患、弁膜症性心疾患、先天性心疾患、うっ血性心不全など)、エンドユーザー別(病院、専門クリニック、画像診断センター、学術研究機関)、および地域別によってセグメンテーション、そのサブセグメントの詳細な分析についてさらに概説しています。

エンドユーザーに基づいて、市場は、病院、専門クリニック、画像診断センター、学術研究機関に分割されています。病院セグメントは、病院セグメントは、2031年末までに最大の収益を獲得すると予想されています。これは、患者の訪問数の増加、と世界中の病院の可用性の急増に起因しています。たとえば、経済協力開発機構(OECD)の統計によると、米国、コロンビア、メキシコ、韓国、英国の病院数は、2015 年の、それぞれ5564、10315、4457、3678、1882 の数字から、2018 年にそれぞれ6146、10522、4629、3924、および 1910 の番号に増加しました。

調査レポートはさらに、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。レポートには、各セグメントのY-o-Y成長率とともに、市場価値とボリュームによる詳細な予測が含まれています。

ロボット血管造影システム市場のレポートは、SWOT分析、PORTERの五つの力の分析、PESTEL分析など、ダイナミクスの分析にさまざまなツールを利用しています。ロボット血管造影システム市場レポートは、地域に基づいたパフォーマンスの洞察も提供します。ロボット血管造影システム市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなど地域によって分割されています。

北米地域の市場は、2031年末までに最大の市場シェアを維持すると予測されています。これは、この地域に強力な医療ネットワークが存在すること、および病院や画像診断センターの数が増加しているためです。さらに、ヘルスケアの間で意識が高まっているのは、高度なロボット支援低侵襲画像診断デバイスのサービスプロバイダーです。米国病院協会(AHA)が発行した第22版AHA病院統計レポートによると、2021年の米国の地域病院の総数は5139でしましたが、全国のすべての病院の入院総数は同じ期間に33,356,853に記録されました。

ロボット血管造影システム市場は、地域に基づいてさらに区分されます。

● アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、その他のアジア太平洋)
● 北米(米国およびカナダ)
● 中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)
● ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)
● ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)

? ロボット血管造影システム市場における業界のリーダーは General Electric (GE Healthcare)、KUKA AG、Koninklijke Philips N.V.、Siemens Healthcare GmbH、Corindus, Inc.、Shimadzu Corporation、Boston Scientific Corporation、Abbott、Canon Medical Systems Corporation、Medtronic Plcなどです。このレポートはさらに、組織の全従業員、主要戦略、企業の財務状況を説明する主要なマトリックス、合併や買収などの企業のいくつかの要因に関する詳細な分析も示しています。

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.com/sample-request-4163

Research Nester Private Limited会社概要

Research Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。
https://www.researchnester.com/

電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメール : info@researchnester.com
【調査レポートの日本語に詳細内容について】

【調査レポートの詳細内容について】
https://www.researchnester.com/reports/robotic-angiography-systems-market/4163

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメール: info@researchnester.com



配信元企業:Research Nester Private Limited
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

「ドリームニュース」は、配信会社が発行する企業や団体からの提供情報を掲載しています。掲載されている製品、サービスの品質・内容について、宮崎日日新聞社が保証するものではありません。製品やサービスに関するお問い合わせは、各ニュース内に書かれている窓口までご連絡ください。
掲載されている文言、写真、図表などの著作権は、それぞれニュースをリリースした企業・事業者等に帰属します。