宮日プレみや

宮崎日日新聞

デジタル夕刊プレみやは宮崎日日新聞の購読者を
対象にした無料の会員制ニュースサイトです。

【PRワイヤー】

Amp Energyがサウスオーストラリア州再生可能エネルギー拠点設立を発表

2021/05/04 17:25

【PRWIRE】https://kyodonewsprwire.jp/release/202105044490

AsiaNet 89330 (0971)

【メルボルン(オーストラリア)2021年5月4日PR Newswire=共同通信JBN】世界的デベロッパーのAmp Energy(以下「Amp」)のオーストラリア事業会社であるAmp Power Australia Pty Limitedは、Renewable Energy Hub of South Australia(「REHSA」、サウスオーストラリア州再生可能エネルギー拠点)の設立を発表した。これはサウスオーストラリア州に位置する大規模な総合的太陽光発電(PV)、風力およびバッテリーエネルギー貯蔵システム(BESS)の戦略的ポートフォリオである。Renewable Energy Hub of South AustraliaはSpencer Gulf Hydrogen Energy Ecoplexの立地も含み、サウスオーストラリア州政府のHydrogen Action Plan(水素行動計画)の一部を構成する。

Logo - https://mma.prnewswire.com/media/1501408/Amp_Energy_Amp_Energy_Announces_the_Establishment_of_The_Renewab.jpg

EPSから取得したこのポートフォリオには、総出力1.3GWの大規模太陽光発電プロジェクト3件が含まれ、それぞれロバーツタウン(636 MW)、バンガマ(336 MW)、Yoorndoo Ilga(388 MW)に位置し、ポートフォリオ全体のBESSの総容量は最大540MWに達する。

開発承認と用地確保とともに、ロバーツタウンとバンガマのプロジェクトは2022年下半期に段階的な通電を開始する見通しである。これら2件のプロジェクトだけで地域の労働力を含む最大550人分のフルタイムの建設雇用を創出し、毎年23万世帯への供給電力に相当する電力を生成する。Renewable Energy Hub of South Australiaへの投資総額は20億ドルを超える見通しである。

2つの用地は、国内市場およびスペンサー湾からAmpが既存事業を展開するアジアへの輸出の両方のための総合水素生産施設の開発計画により、追加の戦略的価値を提供する。

この戦略的ポートフォリオの確立はオーストラリアでのAmpの拡大を継続し、現在、ニューサウスウェールズ州にある158MWの稼働中または建設中の太陽光発電資産が含まれる。Ampのニューサウスウェールズ州の資産には、同州オレンジ地区付近の39MWのMolong Solar Farm(モロングソーラーファーム)があり、これは最初の通電からわずか2カ月後の2020年12月に100%の発電を達成した。

Amp AustraliaのDean Cooper執行副社長兼責任者は「サウスオーストラリア州ポートフォリオの戦略的価値は、世界で最も急速なエネルギー移行の1つが進行している管轄区において重要である」と述べた。

サウスオーストラリア州のStephen Patterson貿易・投資相はRenewable Energy Hub of South Australiaのニュースを歓迎している。

「サウスオーストラリア州にはかなりの陸地と世界クラスの風力および太陽光資源があり、2030年までに正味100%の再生可能エネルギー発電に到達することを目指している」

「プロジェクトには70億ドル超が投資され、さらに200億ドルの投資が計画されている。Renewable Energy Hub of South Australiaは、サウスオーストラリア州の再生可能エネルギー貯蔵資産を統合し、容量を構築し、われわれが体験している急速に変化するエネルギー移行を支援する上で重要なものになる」

オーストラリアでのAmpの拡張には、Ampが100%所有する独自のデジタルエネルギープラットフォームであるAmp Xの実装が含まれ、これはディスラプティブで相互運用が可能なグリッドエッジソリューションの多様なプラットフォームを提供する。Amp Xには最先端のスマートトランスフォーマーが含まれ、リアルタイムの自律管理とグリッド上のあらゆる形態の分散型電源と負荷の最適化されたディスパッチが可能になる。

▽Ampについて
Ampはグローバルなエネルギー変換プラットフォームである。

Ampは、独自の人工知能専門技術を活用するディスラプティブなグリッドエッジテクノロジー・プラットフォームであるAmp Xと共に、全世界の同社の中核的市場の全てにおいてクリーンエネルギー資産を開発、保有、運用している。同社はトロントを本拠とし、オーストラリア、インド、日本、スペイン、チェコ共和国、英国、北米の全域でグローバル事業を展開している。

2009年に創設されたAmpは大規模な高成長ディスラプターで、機関資本パートナーから主要な投資を受けており、直近では2020年下半期にカーライル・グループが同社に3億7400万米ドルを投資した。

詳細な情報は、amp.energy(https://c212.net/c/link/?t=0&l=en&o=3148926-1&h=3683979743&u=https%3A%2F%2Famp.energy%2F&a=amp.energy )を参照。

▽問い合わせ先
Fraser Hall
fhall@amp.energy
+1 647 283 0790

ソース:Amp Energy

「ドリームニュース」は、配信会社が発行する企業や団体からの提供情報を掲載しています。掲載されている製品、サービスの品質・内容について、宮崎日日新聞社が保証するものではありません。製品やサービスに関するお問い合わせは、各ニュース内に書かれている窓口までご連絡ください。
掲載されている文言、写真、図表などの著作権は、それぞれニュースをリリースした企業・事業者等に帰属します。