宮日プレみや

宮崎日日新聞

デジタル夕刊プレみやは宮崎日日新聞の購読者を
対象にした無料の会員制ニュースサイトです。

【PRワイヤー】

NOVOSENSE集積的な電流制限機能を持つ絶縁型デジタル入力NSI860x新発売

2023/12/07 13:09

【PRWIRE】https://kyodonewsprwire.jp/release/202312073962

上海、2023年12月7日 /PRNewswire/ -- NOVOSENSE 社は、新しい絶縁型デジタル入力NSI860xを発売した。NSI860x製品シリーズは4チャンネルのNSI8604と8チャンネルのNSI8608、2つのバージョンを含み、PLC、サーボ、周波数コンバータなど産業用アプリケーションの24Vデジタル信号入力に適用できる。

デジタルアイソレーターとは異なり、絶縁DIの入力レベルは電流型入力で、電流制限が内蔵されているため、最大-60V~60V範囲の入力電圧をロジック出力に変換できる。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202312073962-O1-fI6hKACd

主なメリット

1.システム温度上昇を抑える電流制限機能
2.双方向デジタル入力をサポートし、システムのI/Oを柔軟的に配置できる。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202312073962-O2-k4xJvJS8

高集積度 高安定性

NSI860xはNOVOSENSE社のキャパシタ絶縁技術に基づく絶縁型デジタル入力で、-60V~60Vのデジタル入力信号を受け入れられ、オプトカプラでの電流入力方式を兼用でき、フィールド側の電源供給が不要で、絶縁型デジタル出力できる。本製品はOOKの変調モードを採用し、入力信号を変調して、SIO2のアイソレーショングリッドを通して二次側に伝送し復調して、バッファステージを通して出力する。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202312073962-O3-TXuQ6EGr

従来のシングルチャンネルのオプトカプラと比べ、NSI860xはより高度なシステム統合を実現している。‐40℃~125℃の広い温度範囲で安定動作でき、全チャンネルが高速データ転送(最大2Mbps)、双方向のデジタル入力、並行出力をサポートし、システムの消費電力と温度上昇を抑える電流制限機能を内蔵、IEC 61131-2スイッチタイプ1、2と3の規格に適合し、多くのマイクロコントローラーのI/Oレベルに対応できる。業界共通パッケージ形式を提供し、ユーザーのコストを大幅に削減し、より優れたパフォーマンスを実現できる。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202312073962-O4-Aq6mEk1Y

NSI860xの主な性能

*絶縁耐電圧:3kVrms
*CMTI:35kV/μs
*データ転送速度:DC~2Mbps
*データ転送遅延:380ns
*シンクとソース電流の双方向デジタル入力
*入力電圧範囲:±60V
*IEC 61131-2スイッチタイプ1、2と3の規格に適する
*給電電圧:2.5V~5.5V
*電流制限機能:2.1mA (typ.)
*作動温度範囲:-40℃~125℃

パッケージ:

*NSI8604-DSSR:SSOP16
*NSI8608-DSSTR:SSOP20

マルチチャンネル絶縁デジタル入力IC NSI860xは、市場主流のICとP2P互換性があることで、ユーザーが設計を変えずに直接に交換でき、ユーザーの選択ニーズに柔に対応し、より高いコストパフォーマンスと信頼性の高い安定供給を保証している。

(日本語リリース:クライアント提供)
PR Newswire Asia Ltd.

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202312073962-O5-N50qM16z

PR Newswire
1954年に設立された世界初の米国広報通信社です。配信ネットワークで全世界をカバーしています。Cision Ltd.の子会社として、Cisionクラウドベースコミュニケーション製品、世界最大のマルチチャネル、多文化コンテンツ普及ネットワークと包括的なワークフローツールおよびプラットフォームを組み合わせることで、様々な組織のストーリーを支えています。www.prnasia.com

「ドリームニュース」は、配信会社が発行する企業や団体からの提供情報を掲載しています。掲載されている製品、サービスの品質・内容について、宮崎日日新聞社が保証するものではありません。製品やサービスに関するお問い合わせは、各ニュース内に書かれている窓口までご連絡ください。
掲載されている文言、写真、図表などの著作権は、それぞれニュースをリリースした企業・事業者等に帰属します。